通信教育でも薬剤師は目指せるのか?

薬剤師バイト → 薬剤師バイトになるのは通信教育でも良い?

薬剤師バイトになるのは通信教育でも良い?

薬剤師になるためには薬学系の大学で学ぶ必要があります。以前は4年間でしたが、近年は制度の改革があり、6年に変更されました。つまり6年間、大学でしっかり勉強をしないと薬剤師の資格を取る事はできません。社会人になった方などが改めて薬剤師を目指して勉強をしていく場合に、薬学系の大学に通っている余裕がなく、通信教育などで学ぶ事はできないかという事を考える方もいます。答としてはできないというのが答です。
企業看護師の求人、メリット・デメリットは?

薬剤師の仕事は医療業界の仕事です。患者さんに医薬品を提供して、それに対するアドバイスをするというのが、多くの薬剤師の方が携わる主な仕事ですが、患者さんの命にも関係のある大切な仕事と言えます。薬剤師のアドバイスによって患者さんは薬を飲むので、間違った薬を手渡したり、服用方法を間違えると、重大なトラブルにもなりかねません。そのため、こうした事をしっかりと学ぶために6年間、大学に通って勉強する事が大切なのです。

また、通信教育でもし勉強するとなると、実習がないという事になります。薬剤師の仕事は、就職してから初めて現場に出るという形ではなく、実際の現場の雰囲気を勉強中に分かっておいて欲しいという想いから実習が重視されています。実習で学べることや得られるものは大きく、その経験ができないというのは、もし通信教育で学べたとしても、大きなリスクになるのです。そのため、時間を作って大学に通う事を検討するのが良いと言えます。

また、短大などでも勉強する事はできません。あくまで6年間の勉強が必要となるので、社会人になってから再度、薬剤師を目指していくというのは大変な道かもしれませんが、自分の理想の人生のために頑張っていきましょう。また、年齢は特に制限は設けられていないので、何歳からでも再度学んでいく事が可能です。やはり諦められないという強い想いがあれば乗り切っていけるはずですので、しっかりチャレンジ精神を持って頑張っていきましょう。

薬学系の大学で学んでいくために必要な学費は?

薬剤師になるためには薬学系の大学に入る必要があります。薬学部は以前は4年生でしたが、近年は6年生に変更になりました。医療の高度化に伴って、薬剤師に必要な知識なども多くなり、4年では全てを学ぶ事が難しくなってきたためです。そこで気になるのが学費です。薬学系の大学にも国立と私立がありますが、国立は学費の面ではメリットが大きいです。毎年50万円なので、6年に増えたものの、私立と比べると負担は軽いと言えます。

対して私立はどうかというと、高額になる事が多いです。入学金だけでも50万円ほどが必要になり、そこから毎年100万円を超える学費が必要になるため、6年通うと額としては非常に高額になります。トータルで1000万円を超えるという大学もあります。ただし、こういった高額なお金を用意しないと入学ができないという事だと、日本の薬剤師の数が非常に限られてきて、足りなくなってしまいます。そのため、様々なサポートの制度があります。

まずは特待生の制度です。これは学費の一部が免除になるという制度です。特待生になるには入試や大学の試験の成績で上位の成績を取らないといけない事が多いので、ハードルはとても高いですが、チャレンジしてみるのも良いでしょう。これが難しくても、奨学金制度という制度もあります。これは大学在学中は学費を払わずに済み、就職してから徐々に返していくという制度です。ローンの一種と考えると良いでしょう。

偏差金額は就職してからの収入の額を見て決める事になります。分割でも良いですし、一括で払えるなら一括も可能です。また、これ以外にも、国の教育ローンというものもあります。上手く活用すればすぐにお金が用意できないという方でも、薬学系の大学で学んでいく事ができます。確かに費用は大きくかかる薬学系大学の学費ですが、こうした制度が整っているので、最初から諦める必要はありません。お金の面も勉強しながら合わせてどうするかを考えていきましょう。